産後の抜け毛の症状と期間について

 産後の抜け毛の症状として、女性ホルモンの変化が影響を与えることによって、毛髪にも影響を与えることになります。産前の体内にある多量のエストロゲンは、抜け落ちるはずの毛を留めます。そのため、本来は抜け落ちるはずの髪の毛が抜け落ちずに、逆に髪の毛が増えるような状態になります。

 産後、エストロゲンが激減することによって、それまで留められていた髪が一気に抜け毛となり、薄毛の原因となります。髪の毛が抜ける仕組みとして、髪の毛には、髪が成長する成長期、成長が止まる退行期、抜けたあと次の髪が生えるまでの休止期があり、産前はエストロゲンの影響で、抜け毛が減少し、産後にホルモンバランスが変化して、維持していた髪が休止期に入るので、抜け落ちてしまいます。

 こういった症状は一定の期間が過ぎると回復します。抜け毛が増える期間は、産後2から3ヶ月で、元の頭髪の状態に戻る通常の期間は、半年から一年と言われて降りますが、栄養状態や睡眠やストレスなどが髪の成長のスピードに影響を与えるために、こういったことを気をつけることが早く症状を改善させるためには大切です。

産後の抜け毛症状で多い、円形脱毛症

 女性の産後、抜け毛症状が出る人は多いですが、症状がひどいひとは円形脱毛症になることもあります。出産という大仕事を終えた女性の身体は、出産という身体の負担はもちろん、その後も授乳や乳児の世話等、不規則な生活が続きます。そのため、女性ホルモンのバランスが崩れて抜け毛症状が出ることがあります。

 産後の抜け毛は時間とともにおさまってきますので、それほど気にすることはありませんが、抜け毛の症状が出るということは、女性ホルモンのバランスが崩れて、身体が疲れているサインでもありますので、身体の声をしっかりと聞いてあげることが大切です。子育てに負担を感じている人は、できるだけ周囲に手伝いを求めることが必要です。円形脱毛症等は見た目を気にする女性が多いですが、一時のものなので過剰に心配する必要はありません。過剰に心配することが、よりストレスになって脱毛を悪化させることになりますので、穏やかな心で過ごすことが大切です。

Page top icon