産後の抜け毛の原因であるホルモンバランス

 妊娠から出産まで女性の体は変化していきます。そのため体のさまざまな悩みが出てしまう時期でもあり、その中のひとつが産後の抜け毛です。産後に起こる抜け毛や薄毛の原因はホルモンバランスの乱れだといわれています。女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが普段は交互に優位な動きをしていますが、妊娠することによってどちらのホルモンもいつもより増加しますが、産後になると急激にどちらの女性モルモンも減少するため体がついていかずに不調になってしまうのです。

 原因であるホルモンバランスを整えることによって抜け毛や薄毛を改善することができるようになりますが、赤ちゃんの面倒を見るうちはなかなか難しいものがあります。そのため、あまり悩みすぎずにできるだけ規則正しい生活を心掛け、妊娠によって太った体を無理に痩せようとせずにじっくりと痩せて行く長期的なダイエットを行うことをおすすめします。また、女性ホルモンに似た働きのする大豆イソフラボンを摂取するなども有効です。

産後の抜け毛の原因には栄養不足もあげられます

 女性の抜け毛はホルモンバランスの変化によるところも多いですが、特に産後は抜け毛が増えることで知られています。産後に髪が多く抜ける原因としては、ホルモンバランスが大きく変化することもあげられますし、そのほかにも育児による疲れ、ストレス、忙しさゆえのお手入れ不足なども原因としてあげられます。

 産後の抜け毛で気をつけたい面としては栄養不足もあげられます。栄養はしっかり取っているつもりでも、赤ちゃんに母乳を与えなくてはいけませんので、普段と同じ食事内容ではやはり栄養は不足しがちになります。栄養は体の大切なところに先に回されますので、やはり髪など命に別状のない部分は後回しとなり、髪には十分な栄養が行き届かず、抜け毛など髪にトラブルが増えることが考えられます。

 産後の抜け毛はある程度仕方のないものだとも考えていましたが、思いのほか多くの髪が抜けるのはやはり不安でした。そこで、髪のお手入れも丁寧に行い、できるだけ疲労を取り、栄養についても見直し、食事内容も変えてみました。努力を続けてきたことで髪も少しずつ復活してきたように感じています。

産後やダイエットが原因となる抜け毛

 女性の身体は、妊娠から出産までの間に目まぐるしく変化していきます。そのため、ホルモンのバランスが乱れ、特に出産後は、あまりの急な変化に身体がついていけず、様々な不調が現れやすくなります。身体に表れるさまざまなトラブルのひとつに抜け毛があります。また、妊娠中の女性は、脂肪によってお腹の中の赤ちゃんを保護しようとするために、お腹に脂肪がつきやすくなっています。これは妊娠による助成ホルモンの上昇によるものが原因ですが、出産とともになくなるわけではなく、意識して落とさなければなかなか元のように戻る事はありません。

 ただ、この脂肪は落としやすい流動性の脂肪のため、適切なダイエット方法を実践すれば簡単に落とす事ができます。しかし、食事制限などで摂取カロリーを少なくしてしまうと、栄養の摂取量も少なくなるため、髪の毛が細くなり、それが原因となって抜け毛へもつながります。産後は、授乳の必要もあり、バランスの良い食事と無理のない運動でダイエットを行う事が基本となります。また、身体にしっかりと栄養が行きわたる事で、抜け毛を防止する事もできます。

Page top icon